y

Google UX Design プロフェッショナル認定 ストーリーボード課題

Coursera の Google UX Design Certificate を受講しています。

Course 3 - Week 1 のストーリーボード課題をやりました。私は「映画館の席予約システムの改善」というトピックで改善提案を作成しています。

前回のコースまでで、ユーザーインタビューからのモデリング、課題とゴールの設定などを行ってきています。Course 3 からは、ローファイなワイヤを作っていきます。その前作業として、今回は6コマのストーリーボードを作成しました。

ストーリーボードの粒度

ストーリーボードには、2種類あります。

1. 全体のUXを表す(big-picture)ストーリーボード

how と why を中心とする。ユーザーはどうやって[解決策]を使うのか。なぜ、その[解決策]は有効なのか。プロダクトデザインの初期、ステークホルダーにハイレベルなアイデアのプレゼンをするときに有効

2. プロダクトの詳細を表す(close-up)ストーリーボード

what を中心とする。UIデザインを始めるとき、実際のプロダクト画面を考える時に有効

提出したもの

感想

今まで作ってきたストーリーボードは、9コマだったり、4コマだったりするんですが、big-picture の粒度だったら4~6コマが適当そうなかんじがします。サクッと作ってガンガン回したいというか、この辺りで手間取ってられないというか…